カンジダに効く市販薬は何があるの?

悩んでいる男性

カンジダになったかもしれないと思っても、なかなか恥ずかしくて婦人科に通う事が出来ない女性が多いのですが、早期治療が悪化させないためのポイントとなります。
病院で処方箋を出してもらい、薬をもらったほうが安心ではありますが、市販薬でもカンジダを治す事が出来ますので、必要に応じて市販薬も活用しましょう。
ですが、使ってはいけない薬もありますので、事前に良くチェックしておくことが重要です。
そしてカンジダは、一度なったことがあって、再発をした場合には、市販薬でも問題ありませんが、初めてなった場合には、病院に行って治療を受ける必要があります。

これは、法律で定められていますので、必ず守るようにして下さい。
カンジダは、トリコモナス膣炎などの、他の性病の症状と似ているために、素人判断では難しいものがあります。
自己判断をして飲み薬や塗り薬などの色んな薬を試すことで、かえって症状を悪化させる可能性もありますので、注意が必要です。
また、症状が酷い場合には、膣錠と塗り薬、飲み薬と1つに絞るのではなく、併用する事をおすすめします。

フェミニーナには塗り薬と膣錠がありますが、膣カンジダ専用の膣錠がありますので、フェミニーナを購入する際には、必ず専用のものを購入しましょう。
小型で挿入しやすい、スリムタイプの膣錠になりますので、初心者の人にも使いやすい薬です。
また、同じく市販薬のメディトリートは、膣錠タイプのものと、塗り薬タイプのものがあります。
どちらも、過去にカンジダにかかったことがあり、最低でも一度は婦人科で治療を受けたことがある人が対象となる薬になります。
膣錠タイプのメディトリートは、1日1回で6日分、塗り薬タイプのメディトリートは、1日2回から3回使用して、約6日分となっています。

そして、水虫の治療薬としても知られているラミシールクリームは、カンジダにも効果のある塗り薬です。
ラミシールクリームは、第2類医薬品に指定されている薬になりますので、購入をする際には、必ず薬剤師や登録販売者からの情報提供を受けるようにしましょう。
このように、薬局やドラッグストアに行けば、婦人科に行って処方箋を出してもらわなくても、カンジダの薬を購入する事が出来ます。
個人の症状によってオススメは異なりますので、不安なようであれば、薬剤師に確認をしても良いでしょう。
また、商品によって値段も異なりますので、事前に良く調べておくことが大切です。

カンジダ症に効く市販薬の選び方

カンジダにオススメの薬を薬局で選ぶ場合には、必ず成分をチェックしましょう。
市販薬の場合には、イソコナゾールやオキシコナゾール、クロトリマゾール、ナイスタチン、ミコナゾールといったものが挙げられます。
市販薬の場合には、値段で決めるのではなく、カンジダ菌を殺す成分が含まれているのかどうかというのが大切になります。

膣錠タイプのものは、処方箋と同じ成分が入っているものもあります。
ですが、どれも第一類医薬品に指定されていますので、コンビニで購入をする事は出来ません。
薬剤師がいる薬局やドラッグストアに行って購入するようにしましょう。
フェミニーナやメディトリート、ラミシールなど色んな薬がありますが、個人の症状などにより、どれが良いのかというのは、実際に試してみないと解りません。
値段も大きな違いはありませんので、まずは色々と試してみる事をオススメします。

また、塗り薬や飲み薬など、色んな種類がありますので、症状によって使い分けるようにしましょう。
膣錠には膣錠のメリットがあり、塗り薬は塗り薬のメリット、そして飲み薬には飲み薬のメリットがあります。
また、あまりにも判断に困るようであれば、必ず医師に相談をして、自己判断はしないようにしましょう。