カンジダ膣炎に妊娠中になった!?胎児への影響は?

カンジダ膣炎は何かしらの原因で膣内の酸性度やアルカリ性のバランスなどが崩れることで、カンジダ菌が膣内で増殖してしまい、強いかゆみや特徴のあるおりものが発生したりする症状です。
カンジダ菌は特別に感染力が強いなどの菌ではなく、どこにでもいる珍しくない種類の菌になり、健康な状態の体に付着しても通常は自浄作用の効果で発病することはありません。
しかし再発率が非常に高く、ストレスや抗生物質などにより体調が崩れるなど条件が揃えば簡単に同じような症状に戻ってしまいます。
通常感染した際の代表的な症状は、陰部の激しい痒み、カッテージチーズに似た形状のおりもの(白いポロポロしたもの)などで下着が汚れる、放置しておくと症状は進み最悪炎症が奥深くまで進んでしまうこともあります。

カンジダ膣炎は年齢・季節に関係なく誰でもかかる可能性のある病気ですが、特に抵抗力の落ち気味な妊娠中のお母さんにも発症する危険性も高いので要注意です。
妊娠中にカンジダ膣炎に感染すると、出産時、胎児にも感染する恐れがある為、陰部に痒みなどを感じる場合は早急に担当の産婦人科で診察してもらう事をおすすめします。
妊娠中は胎児への影響も考えて「薬」全般を嫌う方も多いようですが、胎児に影響のない薬もたくさんあるので産婦人科で遠慮せず相談するようにしましょう。
また足腰を冷やさないように、保温力の高い蒸れやすい素材の服を重ね着したり、尿漏れパットやおりものシートなどをこまめに交換しないなど、カンジダの好むような環境を作り出してしまうことも避けましょう。

患部を清潔に保つ事も大事ですが、過度の洗浄やふきとりなどの摩擦・刺激によって、発症することもあるので、石鹸や手でごしごし洗いなどは避けて、優しく軽く洗い流し、清潔を保つようにします。
通常の石鹸で刺激がある場合はぬるま湯で優しくすすぐだけでも十分と言われています。
また膣内などは神経質に洗浄をする必要はなく、体の調子が戻れば自然と環境も整っていくので、無理に中まで泡で洗ったり、すすぐなどの必要はありません。
逆に膣内を荒らしてしまい症状の悪化をさせてしまう場合もありますので注意しましょう。

適度に清潔に保ち、医師に処方された薬をきちっと使うことで症状の悪化を止めたり、再発を予防することにもつながります。
通常の石鹸で刺激を感じる場合は専用のデリケートゾーン用のアイテムも市販品で販売されているので、それらを利用するのもひとつの方法です。

妊娠中に発症しやすいので抵抗力をつけよう

妊娠中に感染・発症してしまった場合は胎児への感染や影響の心配がある為、早急に担当の産婦人科での診察や治療を開始するようにします。
一般的に膣内を守っている酸性の環境が何らかの原因で乱れる事で発症するといわれているので、増殖させない環境づくりや体作りも大変有効な方法といえます。
特に体の抵抗力が落ちやすく多くの薬が使用できない妊娠中の抵抗力つくりは大変有効で、体温上昇をさせることで様々な病原菌などの増殖を抑えたり、酸性・アルカリ性のバランスを自力で調整できたりすることが可能になります。
体温上昇は主に生活習慣や食事などで大きな効果が得られると言われていて、カンジダ膣炎以外にも様々な嬉しい効果が望めます。
膣内は通常強い酸性で保たれていて、適度な殺菌と常駐菌のバランスをとって健康な状態にしていますが、中性から弱アルカリ性になってしまうと、様々な菌が悪い状態へと働き始めます。

これらの症状を自力で抑えて薬を使わないで済むようにするために、簡単な方法のひとつが、体温上昇させることです。
妊娠中の体や体調は個人差が大きいので無理のない範囲で自分にあった方法を試すようにしましょう。
心配な場合は担当の医師への相談をおすすめします。