口の中にカビ!?口腔カンジダ症の症状と治療薬

緑のウィルス

カンジダはカンジダ菌というどこにでもいる真菌(カビ)に免疫力が負けてしまい感染することで発症する病気のひとつです。
性器や食道に感染するカンジダもありますが、口腔カンジダ症は年齢や性別問わず免疫力の弱ったどんな人にも発症する可能性があるので注意が必要です。
口腔カンジダ症には大きく分けて「偽膜性カンジダ症」と「萎縮性カンジダ症」の2種類あり、それぞれ主な症状に大きな違いがあります。

偽膜性カンジダ症
こちらは口腔内の頬や舌・唇などに白い苔が生えたような状態になります。
痛みはほぼなく、白い苔のような部分を歯ブラシや舌苔取りなどのアイテムで刺激すると簡単に剥がれて、下から赤く炎症を起こした舌が現れることがほとんどです。
放置すると時間とともに症状が広がっていき、口の中全般が白い苔だらけのようになります。
萎縮性カンジダ症
こちらは偽膜性カンジダ症に見られる白い苔状のかたまり(カビ)はありませんが、粘膜に炎症がおきて赤くなります。
また口腔内で食べ物が触れたり刺激が加わると痛みを伴い、赤く炎症が進むと舌へのダメージも大きく、味覚障害が起きます。
入れ歯(義歯)と歯茎などの間に発症することが多く見られることから「義歯性口内炎」の別名で呼ばれることもあります。

萎縮性カンジダ症よりも偽膜性カンジダ症を発症する事が多いと言われていて、自覚症状がないために、気がつかずに口腔カンジダ症が放置されているケースも多々あるようです。
真菌はカビの一種ですが、どこにでもいる種類の菌になります。
この菌は常に普通の生活の中に存在し、どんな人にも簡単に感染しますが、健康な人には感染しても発症することはありません。
なにかしらの理由で免疫力が落ちている(病中病後や抗生物質の使用・HIV感染や妊娠中など)に、多く見られ、自覚症状がないことが多いため、気がつかないうちに病気の症状も進行しやすいので注意が必要です。

気になる方は痛みがないので歯磨きなどを行う際、口腔内に異変がないか、炎症や白い苔状のものが多くないかなど注意して自己チェックを欠かさないことも必要になります。
また気にしすぎて歯ブラシや舌苔用のブラシなどのアイテムを過度に使用し、傷がついてしまうと、味覚障害を起こしたり、そこから病気を感染してしまう場合もありますので、傷がつかないように適度な力加減で行うようにします。
異常を感じたら歯科口腔外科や皮膚科・耳鼻咽喉科など口内炎や口腔の症状を診察してもらえる病院を受診する事をおすすめします。

口腔カンジダ症の原因って何?

口腔カンジダ症の原因は主に真菌という菌と体の免疫力の低下(抗生物質などを服用する事で体内のバランスが崩れ発症する事もあります。)といわれています。
予防をしたい場合は十分な睡眠と食事などの生活習慣の見直しや、体の免疫力を弱らせないために強い薬が必要な病気にかからないことなどが予防方法になります。
真菌自体を減らすことは無理なので、自分の生活の改善や免疫力を保つ事が有効な手段といえます。

また口腔カンジダ症自体の症状に痛みがない場合でも味覚障害が起きると、体に深刻な悪影響を起こすので、医療機関での早めの治療が必要となります。
塩分糖分の取りすぎや味を感じないなどが原因で食欲が低下し免疫力の低下などにつながり悪循環を呼ぶ事になる可能性も高いです。
病院での治療の多くは「ミコナゾール」という飲み込んでも害のないゲル状の薬剤を使用し、幹部に付着させる治療を行います。
義歯性口内炎の場合、義歯に原因があったり、口腔内のチェックやクリーニングなどの必要性もあるのでそれらとあわせて、医師の診断どおりにミコナゾールなどの処方薬を使うようにします。
ミコナゾールのようなゲルタイプの薬剤は開封後に劣化が始まるので、清潔な指や綿棒で適量を取り、患部に塗布するようにすると病気の再発や症状の拡大なども防ぐ事ができます。