性病の淋病や性器クラミジア感染症に効く治療薬とは?

悲しい男性

性病の淋病や性器クラミジア感染症は、感染者とのセックス時の粘膜接触による感染が最も多いとされています。
セックス時の粘膜接触以外にも便座などに付着した細菌による粘膜接触やキスでも咽頭クラミジアや咽頭淋病に感染してしまう可能性があります。
淋病や性器クラミジア感染症は、自覚症状が乏しい事から適切な治療が遅れ不妊症や流産の原因となります。

性病の性器クラミジアは、1週間~2週間の潜伏期間を経て尿道内や子宮頸管で発症しますが、男性と女性では大きく症状が異なります。
男性は、排尿痛や掻痒感を伴う尿道炎を発症し、更に精巣上体炎を発症する事により不妊症の原因となる無精子症や乏精子症を誘引する事があります。
女性は、自覚症状が無い為に放置され、子宮頸管炎や子宮内膜炎の発症に加え卵管炎や骨盤内腹膜炎などを発症するケースが多く、不妊症や流産の原因となるケースが多くあります。

性病の淋病は、セックス時の粘膜接触後数時間~数日の潜伏期間を経て発症します。
女性の場合は数週間~数カ月も自覚症状が無い事も少なく無く卵管炎や骨盤内腹膜炎などを発症し不妊症や流産の原因となるだけで無く、新生児の淋菌性眼炎や心内膜炎などの発症リスクを高めます。
性病の淋病や性器クラミジア感染症の治療には、蛋白合成阻害効果を有するマクロライド系のアジスロマイシンやエリスロマイシン、クラリスロマイシンなどが処方されます。
現在ではアジスロマイシンを主成分とする抗生物質ジスロマックが世界中の医療機関で処方されています。
ジスロマックは、レンサ球菌属や肺炎球菌、インフルエンザ菌、ペプトストレプトコッカス属、マイコプラズマ属などの細菌にも有効とされています。
急性気管支炎や肺炎、肺膿瘍、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎などの治療にも用いられています。

ジスロマックの主成分アジスロマイシンは、マクロライド系の14員環抗生物質エリスロマイシンの基本骨格ラクトン環に窒素原子をエステル結合させたものです。
体内の組織間隙を遊走する食細胞内の医薬濃度が高くなり易いエリスロマイシンの特徴を更に向上させ、医薬成分の細菌の感染部位への移行性を血中濃度の10倍~100倍に高めています。
その結果、少量の服用で十分な医療効果が得られます。

ジスロマックは、特別な製剤法マイクロスフェアを導入した事により胃酸の影響を受ける事無く小腸で長時間にわたる安定的な医薬成分の放出を実現します。
クラミジアの薬としてもジスロマックはつかわれるので、性器クラミジアの治療ならば1回の服用で治療を完了させる事が出来ます。

性病に効く抗生物質ジスロマックのジェネリック薬

ジスロマックは、人間のリボソームのサブユニットと結合せず選択的に細菌のサブユニットと共有結合する事で、mRNAに基づき蛋白合成に必要なアミノ酸を移動させるtRNAの働きを抑制し細菌の成長及び増殖を阻害します。
現在は医薬成分に関する特許期限切れを受けて国内外の製薬メーカーが製造販売しています。

ジスロマックの国内ジェネリック医薬品は、ジェネリック医薬品の最大手日医工株式会社や三和科学研究所、第一三共プロファーマ株式会社、興和株式会社、日本ケミファ株式会社ニプロ株式会社など20を超える製薬メーカーです。
アジスロマイシン錠250mgやアジスロマイシン500mg、アジスロマイシン小児用錠100mgなどを製造販売しています。
ジスロマックの海外のジェネリック医薬品は、医薬成分に関する特許の概念が無かったインドでは早くからシプラ製造のアジーやアジシップが製造販売していました。
現在ではタイのGPO製造のアジシンやノバルティスグループのサンド製造のビノジット、UCB製造のアジスロマイシンなどインドや東南アジアの国々の製薬メーカーで製造販売されています。
再発に備えて処方箋を必要とせず手間の省ける個人輸入で入手する人も多くいます。