膣トリコモナス症という性病は原虫が原因!

膣トリコモナス症という性病は、トリコモナスという0.1ミリ程度の原虫が原因で起こります。
最近では感染者が少なくなっているものの、一度感染すると再発しやすく、なかなか完治しないことから、今でも厄介な性病のひとつとされています。
トリコモナスという原虫は女性の膣や尿道のほか、男性の尿道にも感染します。
感染すると膣や尿道が炎症を起こし、かゆみ・痛みや熱さを感じたり、排尿時や性交時に不快感を覚えるなどの症状が現れます。

また悪臭のあるおりものが出るのも特徴のひとつです。
しかし症状が軽くて気づかないことがあり、特に男性は自覚症状がない場合も多いと言われています。

膣の中にはグリコーゲンを栄養分とする乳酸桿菌という細菌が生息しており、膣内のphを適度な酸性に保っています。
しかしトリコモナス原虫はグリコーゲンを奪うため、乳酸桿菌の数が減ってphバランスが崩れてしまいます。
すると通常は膣内に入れなかった悪玉菌が住み着くようになります。
これがかゆみや悪臭の主な原因になります。

症状が軽いからといって放置しておくと、卵管や子宮頸管にまで広がってしまい、かゆみや悪臭だけでなく不妊や流産の原因になることもあります。
また母子感染したり、未熟児が生まれたり、エイズにかかるリスクが高くなったりするという報告もあります。
妊娠を予定している方は、できるだけ早く治療しなければなりません。

膣トリコモナス症は性病の一種とされていますが、性体験のない女性や高齢者にも見られます。
下着や便器、浴槽などから感染することがあるためです。

男性は感染しても排尿とともに洗い流される場合があり、症状もほとんど出ないため、自分では気づかずに女性に感染させてしまうことがあります。
コンドームを使用すれば、性行為による感染は防ぐことができます。

膣トリコモナス症の検査は、おりものを採取するか膣の内部を綿棒でこすって、原虫がいるかどうかを顕微鏡で確認します。
原虫の数が少ないと発見しにくくなるため、培養してから検査する場合もあります。

治療には内服薬を用いるほか、膣に挿入して使う医薬品もあります。

膣トリコモナス症は古くから知られている性病ですが、軽症や無症状の患者が多いこと、感染しやすく感染経路も広いことなどから、知らず知らずのうちに感染を広めている方が少なくありません。
少しでも思い当たることがあれば検査を受け、しっかりと治療することが大切です。

トリコモナス症に有効なフラジールはどこで買う?

膣トリコモナス症はパートナーとの間でピンポン感染を起こすことが多く、再発の原因になっています。
治療するなら男女同時に行うことが原則です。

また治ったと思っても原虫が膣内に潜んでいて、やがて再発してしまうこともあります。
医師の指示に従って薬を服用し、治療後には本当に完治したか検査を受ける必要があります。

膣トリコモナス症の代表的な治療薬にフラジールがあります。
フラジールの主成分には原虫だけでなく細菌を殺す作用もあり、ピロリ菌の除菌などにも使われます。

膣トリコモナス症を治療する場合は、原則として10日間続けて服用します。
途中で止めると再発する恐れがあり、また薬剤に耐性を持つ可能性もあるので注意してください。

フラジールは泌尿器科や性病科の病院で処方を受けられます。
また医薬品の個人輸入代行サイトから入手することもできます。
個人輸入なら比較的安価で購入でき、医師の診断を受ける手間や時間も節約できますが、自己判断で薬を服用するには十分な注意が必要です。

フラジールは副作用の少ない薬ですが、吐き気や胃の不快感を覚えることがあります。
またアルコールと一緒に飲むと悪酔いする可能性が高いため、飲酒は控えてください。