風俗に行って異常を感じたらカンジダの検査をしよう!

性器カンジダ症と言う性病があります。
性器内にカンジダ菌が異常に増殖することで起こる性病です。

男性よりも女性の方が感染する割合が高いと言う調査結果があります。
自覚症状があまりないので検査をして初めてわかると言う人がほとんどです。
カンジダ菌は感染力がとても高いため感染者の多い性病としても知られています。

発症時の自覚症状としては性器のかゆみや違和感です。
なかなか病気として認識できるほどの症状ではないため発見が遅れます。
女性の場合進行すると尿道炎を発症することもあります。

尿道炎になった場合には排尿障害などの顕著な症状が出るため検査を受ける人が増えます。
ただし尿道炎になるのは低い割合なのでかゆみ程度の自覚症状では気がつくことは難しい性病です。

カンジダ菌は粘液の接触によって感染します。
そのため性器の直接的な接触によって感染します。
感染しているパートナーとの接触で感染する恐れがあります。

予防策としてはコンドームを使用して粘液の接触を避けることです。
ただしオーラルセックスにも注意が必要です。
喉の粘膜にある粘液に感染した性器が接触することで感染することもあります。

口腔カンジダ病と言われる疾患です。
喉の奥に違和感やかゆみを感じます。

逆に口腔カンジダ病の感染者とのオーラルセックスで性器カンジダ症になることもあります。
オーラルセックスでコンドームをつけることは難しいため予防がしにくい状況です。

特定のパートナーとであればお互いが注意していることでリスクを低減することができます。
ただしカンジダ菌は日和見菌で常に体内に存在しているため性交渉をしていなくても免疫力の低下によって発症することもあります。

つまりパートナーが不特定の人と性的な接触を持っていない場合でもカンジダに感染している恐れがあると言うことです。
パートナーの体調が優れない時には接触を避けるなどの予防策も必要です。

このようなことから不特定な相手との接触を持った時は注意が必要です。
風俗などの相手の状況がわからない相手との接触を持った時は体調の変化に注意しましょう。

もし違和感を感じたら早めの検査が必要です。
早期に発見して薬の服用をすることで治療することができます。

また、風俗ではコンドームを使って接触をする機会を減らすことで安全を確保することに心がけた方がいいでしょう。
風俗で咳をしていたり喉に違和感を持っているような相手がいたらオーラルセックスにも注意が必要かもしれません。

安全な性風俗はないということを認識しよう!

性風俗は不特定多数の相手と性的な接触をする環境です。
性器カンジダ症は粘液の接触があった場合、かなりの確率で感染します。
大変感染力の強い菌として脅威となっています。
発症した後は自覚症状があまりないため重症化するまでは気がつくことはできません。

性風俗で相手をしてくれる人は自覚がないまま感染している恐れが高いと言うことになります。
また顧客にも多くの性器カンジダ症の人が存在しているはずです。

安全は保たれていることはないと言っても過言ではありません。
安全を考えるのであれば性風俗へ行くことを諦めることも考えなければいけません。

だからこそ性風俗に行った後は自分の体の変化を確認する必要があります。
性器にかゆみや違和感がないか、臭いがきつくなっていないか、亀頭に炎症が起こっていないかなどを確認します。

少しでも違和感があるようなら躊躇せずに検査が必要です。
万が一感染していた場合、自分が原因で広めることになるかもしれません。

検査自体は医療機関でもインターネットで購入したキットで自分で行うこともできます。
もしパートナーとの接触を持った場合にはパートナーも一緒に検査を受ける必要があります。
どちらにカンジダがいる場合、いつまでたっても治らない恐れがあります。